脱毛を育毛へ

人生80年以上となった現代、いつまでも若々しく生きていきたいものです。
精神的にまだまだ若いと思ってはいても、体力はなかなか追いついてきてくれなくなってしまいます。
しかし、せめて、見かけだけは年をとることなく、若々しいままでいられたら、と思うのは私だけではないはずです。
さて、若々しさを自分が感じなくなってしまう第一の原因、若々しさを周囲が認められなくなる第一の原因は「髪」です。
白髪については染めることでどうにかなります。
気分によって色を少し変えてみたりするのは、なかなかおしゃれでもあります。
しかし、「髪」がないまたは薄いと話が始まりません。
カツラを利用する人も増えていますが、それは最後の手段として取っておきたいものです。
そして、「髪」がないまたは薄いことが原因で悩んでいる人は、かなり多いことは想像に難くありません。
確かに、電車やバスに乗っていますと、50台から60台のまだまだ現役で働く必要のある世代の男性の半分近くは、髪が薄くなっています。
分け方を工夫して薄くなっている部分を隠したり、頭髪全体を長くしてボリュームを出して、目立たないようにしている人も見かけますが、近くから見るとよくわかってしまうものです。
では、アンチエイジのためにも、脱毛を育毛に変える方法はどういうものがあるかと考える時、やはり育毛剤を利用することが、最も良い方法だということになります。
自分は色々試したのだが、効果のあるものには巡り会えていない、という人も、いるのではないかと思います。
育毛剤の利用は、毎日着実に行う必要があるので、長続きが苦手という人も、いるのではないかと思います。
では、数ある育毛剤の中で、最も試す価値の高いものはというと、プロペシアの名前があがります。
プロペシアは男性型脱毛症の治療薬として世界で認められた、つける育毛剤ではなく、飲む育毛剤です。
一般名は「フィナステリド」と呼ばれています。
髪が薄くなるという症状というのは、その人の髪が脱毛状態にあるのだということをまず理解しなければなりません。
つまり、髪を増やしていく育毛を行うためには、脱毛を停止させることが、まず必要になるということです。
男性ホルモンのテストステロンという物質が、酵素によって変化し、ジヒドロテストステロンという物質になります。
これが脱毛の症状を引き起こしています。
つまりジヒドロテストステロン働きを抑えることが、脱毛の症状をなくすためには必要だということです。
プロペシアはこの酵素の働きを抑えることで、まず抜け毛を防いでくれます。
次に育毛を行い、髪が徐々に増えだしてきます。
さらに、髪全体も太くなりコシが強くなっていきます。
ここまでくると、ふさふさしている感覚を確かに感じ取ることができると思います。
ただ、魔法ではありませんので、一日や二日でこのような効果が現れるなどということはありません。
1ヶ月を単位にして、6ヶ月、9ヶ月と辛抱強く飲み続けた人が実感できるのです。

AGA治療に役立つ薬

髪のトラブルにもぱさつきや枝毛など様々ありますが、男性の悩みで特に多いのが薄毛です。
女性もこうした悩みを抱えて入る人が増えている傾向にありますが、やはり女性は男性ホルモンの影響を男性のように受けることはありませんので、男性のように一部がすっかり禿げ上がってしまうという症状ではありません。
男性の場合は剃りこみが入ったようになる、いわゆるM字型ハゲと呼ばれる症状や後頭部や頭頂部が薄くなるなどはっきりとした症状があらわれるので、それゆえに悩まれている方は少なくないようです。
かつてはこうした男性型脱毛症は治療できるものではなく、少しずつ進行していくものとなっていました。
でも、今は男性型脱毛症にも良い治療方法が登場しており、多くの方が治療で悩みを改善される時代です。
その治療方法にも様々あり、頭皮に直接注射をして効果を出していく、HARG療法や育毛メソセラピーも注目されていますし、自分の髪の一部を薄くなった部分に植毛していく自毛植毛も話題となっています。
そして、特に取り入れやすい治療としては薬を使った治療があげられるのではないでしょうか。
こうした治療なら、薬を飲んだり、つけたりするだけですので、自宅で短時間の治療が行えますし、植毛のように体への負担もかからず、まとまった費用も必要ありません。
男性脱毛症の原因は、男性ホルモンによる影響が多いといわれていますが、プロペシアは男性ホルモンの働きを阻害するのに役立ってくれる薬です。
もともとは前立腺がんや前立腺肥大症の治療に利用されていた薬ですが、患者さんの薄毛が改善されることもあり、育毛治療にも利用されるようになっています。
そして、この薬は飲むタイプの薬となっており、AGA治療を行う医療機関で処方されているものです。
薬を利用するにはやはり副作用についても知っておきたいですが、プロペシアの場合は人により精力減退や胃の不快感などが出ることもあるようですが、大きな副作用はないとされています。
飲んでいて副作用が強く出ると感じる場合は服用をやめ、かかりつけの医師に相談してみると良いでしょう。
そして、これは男性専用の薬で女性の薄毛治療には利用できません。
特に妊娠中の女性は胎児に影響が出ることもあるとされていますので、服用はもちろん、手にも触れないようにしておきたいものです。
薬の購入方法としては、医療機関以外では、個人輸入という方法を選ぶ方も少なくありません。
より薬を安く購入するため、医療機関に行く時間を省くため、より低価格のジェネリック的な薬を購入するためなど、その目的は様々となっています。
代行業者を利用すれば自宅でいながらにしていつでも薬を注文できるのはメリットと言えますが、薬の利用はあくまで自己責任となることはしっかり理解しておきましょう。
そして安心して利用するためには業者選びはとても大事となります。
プロペシアは効果が出るのに時間がかかる薬ですので、すぐにやめずにある程度の期間は根気よく使っていくようにしたいものです。

プロペシアを、個人輸入しようと思っています

ニュースやワイドショーでは、景気が回復していると実感している人が、少しずつ増えていると言われています。
官公庁や大手企業に勤務されている方は、アベノミクスの恩恵を受けているのかもしれません。
ところが、中小零細企業に勤務している方にとっては、未だそれを身近に感じる事が出来ていないような気がします。
現に私が勤めている会社も、未だ業績が悪化している状態が続いており、いつ傾いてもおかしくない状況下にあります。
そうならないよう、経営者や従業員が一丸となり、業績向上(回復)に向け懸命に頑張っている最中です。
しかし、会社を取り巻く状況は大変厳しく、「将来どうなってしまうんだろう」と、暗澹たる気持ちになる事があります。
いつ仕事を失ってしまうか分からない、そういった不安と背中合わせの毎日を過ごしているからです。
加えて、仕事で抱えるストレスも、膨大なものがあります。
職場内での人間関係を円滑にしたり、取引先の機嫌を損なわないよう、常に気を配っています。
またミスを犯し、それが会社の経営に深刻な打撃を与える事だけは避けたいものです。
そう考えると、夜もおちおち眠る事が出来なくなったり、胃痛に苦しむ事も、珍しくありません。
私が会社に入社させて頂いたのは、バブル崩壊直後だったものですから、好況というものを知らない世代の一人だと言えます。
入社したての頃に比べ、一番変わった点といえば、やはり髪の毛でしょう。
だいぶ薄くなってしまい、頭皮が透ける状態にまでなってしまいました。
一度、病院でAGA治療を受け、治療薬プロペシアを処方して頂いたのです。
プロペシアを暫く使い続けた結果、抜け毛の量が減り、何となく髪の毛が生えてきたような気はしました。
ところがこれから先、治療を続けていけるかどうか、迷いました。
というのも、保険適用外なので、お小遣いに占める治療費の割合が、結構大きなものになってしまったからです。
どうしようか迷い、インターネットを使って調べてみたところ、個人輸入代行業者の存在を知りました。
プロペシアをはじめ、海外から医薬品やジェネリック医薬品を、簡単に個人輸入すれば、より経済的なのではないかと感じています。
個人輸入代行業者の数も多く、どこを選べば良いのか分かり難い面があります。
正規品のみを取り扱っているところ、実績が豊富な個人輸入代行業者を選んだ方が賢明かもしれません。
また送料が無料のところもあるので、上手に活用してみて下さい。
なるだけ早めに、悩みを解決したいという思いを誰もが持っているはずです。
だからこそ、スピーディーな対応が求められるのはいうまでもありません。
私も今度、プロペシア、もしくはプロペシアのジェネリック医薬品を自己責任の原則の下個人輸入し、フルに活用しようと思っています。
人間は、一人ひとりが様々な悩みを持っています。
個人輸入する事で、それらの悩みが解決する方向に向かえばいいな、そう願わずにはいられません。

世界では既にスタンダードな「プロペシア」という飲む育毛剤

最近、薄毛に悩む多くの男性の皆様から非常に注目されているキーワードの1つに「プロペシア」というのがあります。
ちなみにコレは錠剤タイプの「飲む育毛剤」であり、主に男性型脱毛症に非常に優れた効果を発揮してくれるという事で、現在愛好者が爆発的に伸びています。
従来型の育毛剤といえば、シャンプー後に髪や頭皮に直接塗り込むタイプが主流でしたから、なかなか仕事中や出先で手軽に使用するという訳には当然いきませんでしたが、飲むだけであれば時間と場所を選ばずに忙しい方でも簡単に継続使用できますから、この辺りの利便性の高さが最大の人気の秘訣だと言えるでしょう。
なおプロペシアは元々、前立腺肥大症の治療薬として開発された薬なのですが、愛用されていた多くの男性の皆様から「この薬を摂取するようになってから、頭髪の量が増えたような気がする」といった声が多く寄せられたので詳しく調査してみたところ、男性型脱毛症にも効果があるという事実が判明したという、思わぬ嬉しい副作用が後になって判明したという、大変珍しいケースだったりします。
そして海外などでは相当以前から多くの男性が自身の薄毛の悩みを解消する目的で愛用されていたのですが、海外薬に対する安全性審査が非常に厳しい我が国においては承認されるまで結構な時間を要してしまい、結局日本で正式に認められたの2005年という、ほんのつい最近までかかってしまったという訳なんです。
ですので我々日本人男性にとっては突然現れた救世主のような薬であっても、海外の男性からすれば既に以前から薄毛解消の定番のお薬といった感じで、双方の認識には大きなズレがある訳です。
またプロペシアの服用方法ですが、基本的には1日1回1錠を毎日摂取するようになっており、しかも服用のタイミングは特に制限などが無く、通常のお薬のように食前や食後でなければならないなどと、気にする必要は一切無かったりします。
ただ、だからといって適当に摂取していると記憶が曖昧になってしまい、服用するのを忘れてしまったり、あるいは逆に1日に1錠以上を誤って摂取してしまうリスクもありますので、ご自身で「この時間に飲む」といった時間に、毎日定期的に飲み続けるというのが一番安全かつ確実な服用方法であると言えるでしょう。
最後にプロペシアは飲んでスグ効果を実感できるといったタイプのお薬ではなく、最低でも3ヶ月程度継続する事によって育毛効果を実感できるようになっています。
なかなか効果が実感できないと焦りや諦めの気持ちがつい生じてきてしまいがちですが、信じて飲み続ける事こそが最も重要である事を十分肝に銘じておきましょう。
あと「ミノキシジル」という、血流を多くして血行を改善してくれる効果のある成分と一緒も一緒に服用すると、より効果が高まると言われていますので気になる方はコチラも試してみると良いでしょう。
血行が良くなれば、それだけ栄養が髪の毛にも運ばれやすくなる訳ですから、発毛も自ずと促されますよ。

プロペシアの購入方法

体の悩みは人それぞれ違いがありますが、髪は外見に影響が出やすいので、髪のトラブルで悩まれている方は少なくありません。
髪が薄くなったからと言って、健康に影響があるものではありませんが、外見的に老けて見られてしまうので、気にされている方は多くいらっしゃるものです。
以前は髪が薄くなってしまっても、これといった対応策はありませんでした。
対策としては頭皮マッサージや育毛剤で進行を抑えたり、薄毛が目立たない髪型にする、カツラでカバーするなどが一般的でした。
でも、今は薄毛治療もかなり進化しており、テレビCMなどの影響もあり、治療で改善を考える人も増えてきています。
薄毛治療にも様々な種類があり、まず特に多く選ばれている方法では薬を利用した治療があり、これは薬を飲んだり、頭皮に直接つけることで改善をはかっていくという方法です。
とはいえ、かなり薄くなってしまっている場合は薬だけでの改善は難しく、どちらかというと、薄毛でも初期の方に向いた治療と言えます。
そして、薬を飲んだら、髪がふさふさに戻るというのではなく、あくまで進行を抑えていくものだということを理解しておきましょう。
それゆえに、こうした治療は早めに行っておくほうが効果的と言えます。
薄毛治療で利用されている医薬品ではプロペシアが代表的な存在となっています。
これは頭皮に塗るのではなく、飲むタイプの育毛剤となっており、一日一回服用することで、薄毛や抜け毛の悩みを改善していくというものです。
プロペシアは、主成分がフィナステリドとなっており、世界初の医師が処方する男性育毛に役立つ内服薬となっています。
世界の60ヶ国以上で利用されており、日本では2005年から販売されるようになりました。
髪の毛のサイクルは生えたり、抜けたりというヘアサイクルを繰り返していることとなりますが、男性脱毛症の場合はこのヘアサイクルが乱れてしまい、抜けた髪がなかなか生えてこなかったり、新たに生えてきた髪も細く弱弱しいものとなってしまうことがあります。
そして、男性脱毛症の主な原因はジヒドロテストステロンで、脱毛部に高濃度でみられ、ヘアサイクルを短くしてしまうとのことです。
もともとフィナステリドは男性の前立腺肥大症の治療などに利用されていた薬ですが、薬を利用している人に毛が濃くなる副作用が見られたことから、薄毛治療に利用されるようになりました。
プロペシアはテストステロンをジヒドロテストステロンへ変換する5αリダクターゼを阻害するのに役立つとされています。
そして、この薬は男性専用で女性には利用できないものとなっていますので、女性と同居されている方や子供と同居されている方は薬の管理はしっかり行っておきましょう。
薬はすぐに効果が出るというわけではありませんので、すぐに効果が実感できないからといって、すぐにやめてしまわず、数ヶ月は続けていきたいものです。
副作用が強く出てしまう場合などは医師に相談してみましょう。

薄毛対策はプロペシアと生活習慣の改善で

30代の後半になって、急に抜け毛が増えてきました。
額の生え際あたりの毛が薄くなってきて、前髪を少しでも伸ばすと隙間が目立ってしまって、最近ではできる限り目立たないような短髪にしています。
原因はおそらくは遺伝なのでしょうが、夏の暑い日に帽子をかぶったままでゴルフをしていたのもいけなかったかもしれません。
帽子の中が蒸れて汗だくになった結果、頭皮を不衛生な環境にしてしまったのです。
加えて、仕事のストレスからお酒やヤケ食いをする日々が続いていましたから、食生活も問題ありだったと思います。
今さら後悔していても仕方ないので、インターネットで色々な薄毛対策を調べてみることにしました。
やはり、少しでも抜け毛が増えてきたら、早めに対策をとらなければならないというのは、どのサイトでも共通認識のようです。
具体的な抜け毛対策でよく言われているのは、やはり頭皮を清潔にすることと、頭皮を髪の毛が生えやすい環境に整えることです。
それにはまず生活習慣の見直しが必要とのことで、これまでのことを考えると少し頭が痛いですね。
そして、もう一つが育毛剤を使用する方法ですね。
色々と調べていくと、フィナステリドという成分が良いみたいで、この成分を口から摂取できるタイプのAGA治療薬があるらしく、ちょっとだけ希望の光が見えてきたような気がします。
さらに調べていくと、フィナステリドの入った薬の中でも、プロペシアというAGA治療薬が人気のようです。
これは男性型脱毛症の原因であるジヒドロテストステロンを抑制をすることで、薄毛対策がしっかりとできるAGA治療薬で、飲むタイプでだから続けるのが容易とのことです。
やはり効果を得るためには、なるべく長く続けなければならないAGA治療薬ですから、どうやって薬を体内に取り入れるかは重要ですね。
そして、この薬は世界60カ国以上で承認されています。
おまけに医師が認めているということで、安全性と信頼性は抜群で、日本のクリニックなどでも多く処方されているのだそうです。
つまり、病院に行けば簡単に手に入るAGA治療薬ということなんですね。
しかし、ここで悩みが一つ出てきます。
日本でクリニックなどに通ってプロペシアを手に入れると結構なコストが掛かってしまうんですよね。
保険が適用されないので仕方がないのですが、長く続けるためにはできる限り安く手に入れたいものです。
そこでネットでさらに色々と調べていくと、海外通販の輸入代行サイトを利用すれば、簡単に安くプロペシアを入手できることがわかりました。
大手のところを利用すれば、安全に取引できますし、最近は送料無料のところもあるので、ちょっと買ってみたいですね。
手に入れる方法がわかったら、急にプロペシアを試すのが楽しみなってきました。
もちろん、薬にばかり頼っていないで、自分の生活習慣も見直す必要があるので、相乗効果で薄毛対策をこれからはしっかりやっていきたいですね。

頭皮の悩みはプロペシアが一番

皆さんは頭皮に悩みはありますか?
どうしても、30代を超えますと、頭皮が気になってくるもので、早い人ではなんと20代から剥げてくるそうです。
それが嫌なんで、かつらをかぶったり、様々な増毛方法を試すのですが、やはり理由もわからずに無理なことをしますと、逆に今生きている頭皮の毛根まで悪影響を与えかねません。
まず重要なのはなぜ薄毛になるのかを知る事です。
様々な原因がありますが、基本的に男性にそういった傾向があるのは、男性型脱毛症すなわちAGAだといわれています。
AGAとは、男性ホルモンのひとつであるジヒドロテストステロンが、男性の毛髪の成長を妨げているからです。
しかもこれは一過性のもではなくて、一度AGAが発症してしまえば、自然に止まるという事はめったにありません。
つまり薄毛の波を止めることが不可能になってしまうわけです。
ですから、元を断つことが肝要で、このジヒドロテストステロンを抑制してしまうことが大切です。
しかし、毛生え薬なんかですと、結構ダメージがある場合があるようですし、アレルギーの関係で合わない人がいらっしゃるようですが、そんな無理なく効果が出る薬があるのでしょうか?
実はありまして、それがプロペシアなんです。
プロペシアはなんと飲み薬なんです。
前述の通り、AGAは一度発症すれば自然に止めることはできません。
つまり、飲み続けることが必要不可欠になるのですが、この薬は開発されて時間がだいぶ経っていますが、最大の人気を誇っています。
つまりそれは、大人気の証であって、数多くの成功例がそれを支えているからなんです。
実際に日本にある皮膚科や各種クリニックでも、利用度はダントツです。
やはり、直接体内に入れるものですから、安全面と効果のバランスは最大の臨床試験と注意を以て、提供していることです。
実に頼もしい薬ですね。
それでは気になるのが値段になるのですが、1錠300円するそうです。
確かに、安全によく効くというのはうれしい話ですが、これだと日1錠で月1万円近い出費になります。
さすがにそれだとつづけるのは難しそうですが、安心してください。
海外通販で購入すれば、そうした負担は軽減されるのです。
どのくらい軽減されるかといいますと、100円未満の場合が多いようで、これなら月3000円程度と、生活に大きな負担をかけることはないでしょう。
しかし、注意しないといけないのは、薬事法の関係で薬の譲渡はできないのです。
つまり、個人が個人の使用目的のみで購入する場合のみに許されるのです。
輸入代行という方法もありますが、個人で購入することもできないわけではないので、医師に相談するなり、自分で調べてみて慎重に購入していきましょう。
こうした努力を経て、手に入れた薬を的確に利用すれば、きっとあなたは頭皮はフサフサのストレスのない、素敵な日常が送れる事、請け合いだと思いますよ。
さあ、プロペシアを活用しましょう。

男性型脱毛症を改善するプロペシアを服用したい

男性型脱毛症は、男性ホルモンの影響で毛が細くなったり、短いまま脱毛をしてしまうことがあり、髪の頭頂部や生え際から少しずつ薄くなってきます。
思春期以降に発症することが多いので、気になる症状が見られたら、生活習慣を改善したり、正しいヘアケアを行う必要があります。
AGA治療薬として有名な、プロペシアは、前立腺肥大症の治療薬をして開発されていましたが、服用した方に、副作用として頭髪が生えたということで、研究が進んできました。
フィナステリドが主成分になっている内服薬です。
保険適用外の治療になっているため、通院をする時に保険証を持参する必要はありません。
丁寧な診察や問診、血液検査などを受けたら、必要があればプロペシアを処方してもらうことができます。
一日に一錠を毎日服用しますが、食事の影響を受けにくいので、食事とのタイミングなどは気にせずに服用できます。
医師の指導のもとで、服用する薬の量が増量される場合があるので、最低でも6ヶ月ぐらいは続けるようにして下さい。
保険適用外の治療になっているため、薬はお値段が高価になっていますが、クリニックで処方をしてもらえるので、安心して服用できます。
外用薬のミノキシジルと同時に使用することで、男性型脱毛症を改善しやすくなります。
細い毛が太くなってきたり、男性型脱毛症の進行を抑える働きがあるため、薄毛が目立たなくなってきます。
効果には、多少の個人差がありますが、若いうちから治療を始めることが大切です。
女性の方の脱毛症には効果がないので、配偶者の方が服用しているからと言って、服用をしないようにして下さい。
妊娠中の方は、胎児に悪影響を与える場合があるため、絶対に服用しないようにしましょう。
男性の方は、喫煙をする習慣のある方が多いですが、頭皮の血流を悪くしてしまうので、禁煙をするか本数を減らすように努力して下さい。
プロペシアは、安全性の高い医薬品ですが、たくさん飲んでも効果は変わらないので、決められた分量をきちんと守るようにすることが大切です。
男性型脱毛症は、男性ホルモンの影響が大きいですが、遺伝的な要因もある病気なので、ゆっくりと少しずつ進行をしていくので、気付いた時は、かなり症状が進行していることがあります。
お肌のお手入れをする時のように、頭皮の状態も鏡などでチェックをするようにして、赤みや湿疹などがないか、確認する習慣をつけましょう。
プロペシアは、吐き気や胃のもたれ、男性機能の低下などの副作用が見られる場合があるので、気になる副作用が見られたら、医師に必ず相談をするようにして下さい。
最近は、個人輸入代行のお店でも、後発医薬品が販売されていますが、正規品を取り扱っている信頼できるお店で購入したいものです。
髪の毛のエイジングサインに気付いたら、早めに治療を始めることが大切です。
プロペシアは、男性だけでなく、女性の方も知っている知名度の高い商品なので、安心して服用できます。

男性型脱毛症は、男性ホルモンの影響で毛が細くなったり、短いまま脱毛をしてしまうことがあり、髪の頭頂部や生え際から少しずつ薄くなってきます。
思春期以降に発症することが多いので、気になる症状が見られたら、生活習慣を改善したり、正しいヘアケアを行う必要があります。
AGA治療薬として有名な、プロペシアは、前立腺肥大症の治療薬をして開発されていましたが、服用した方に、副作用として頭髪が生えたということで、研究が進んできました。
フィナステリドが主成分になっている内服薬です。
保険適用外の治療になっているため、通院をする時に保険証を持参する必要はありません。
丁寧な診察や問診、血液検査などを受けたら、必要があればプロペシアを処方してもらうことができます。
一日に一錠を毎日服用しますが、食事の影響を受けにくいので、食事とのタイミングなどは気にせずに服用できます。
医師の指導のもとで、服用する薬の量が増量される場合があるので、最低でも6ヶ月ぐらいは続けるようにして下さい。
保険適用外の治療になっているため、薬はお値段が高価になっていますが、クリニックで処方をしてもらえるので、安心して服用できます。
外用薬のミノキシジルと同時に使用することで、男性型脱毛症を改善しやすくなります。
細い毛が太くなってきたり、男性型脱毛症の進行を抑える働きがあるため、薄毛が目立たなくなってきます。
効果には、多少の個人差がありますが、若いうちから治療を始めることが大切です。
女性の方の脱毛症には効果がないので、配偶者の方が服用しているからと言って、服用をしないようにして下さい。
妊娠中の方は、胎児に悪影響を与える場合があるため、絶対に服用しないようにしましょう。
男性の方は、喫煙をする習慣のある方が多いですが、頭皮の血流を悪くしてしまうので、禁煙をするか本数を減らすように努力して下さい。
プロペシアは、安全性の高い医薬品ですが、たくさん飲んでも効果は変わらないので、決められた分量をきちんと守るようにすることが大切です。
男性型脱毛症は、男性ホルモンの影響が大きいですが、遺伝的な要因もある病気なので、ゆっくりと少しずつ進行をしていくので、気付いた時は、かなり症状が進行していることがあります。
お肌のお手入れをする時のように、頭皮の状態も鏡などでチェックをするようにして、赤みや湿疹などがないか、確認する習慣をつけましょう。
プロペシアは、吐き気や胃のもたれ、男性機能の低下などの副作用が見られる場合があるので、気になる副作用が見られたら、医師に必ず相談をするようにして下さい。
最近は、個人輸入代行のお店でも、後発医薬品が販売されていますが、正規品を取り扱っている信頼できるお店で購入したいものです。
髪の毛のエイジングサインに気付いたら、早めに治療を始めることが大切です。
プロペシアは、男性だけでなく、女性の方も知っている知名度の高い商品なので、安心して服用できます。

確実な育毛効果を期待するならばプロペシアがお勧めです

世の中には薄毛や抜け毛に効果があるという育毛剤やサプリメントが数多く販売されていますが、アメリカ食品医薬品局や日本の厚生労働省など公的な機関がAGA(男性型脱毛症)の改善に効果があると承認している経口薬はプロペシアだけです。
一般的にプロペシアと呼ばれるこの薬はアメリカのメルク社によって販売されているAGA治療薬の商品名であり、実際にはその中の有効成分であるフィナステリドが薄毛治療に効果があります。
このフィナステリドは元々前立腺肥大症の治療薬として開発が進められていたもので、プロスカーという商品名で販売もされていました。
しかし、前立腺肥大症の治療薬としてプロスカーを服用していた多くの患者に副作用として発毛効果が見られました。
そこで、あらためて臨床試験を行ったところ、男性型脱毛症の改善に効果があることが分かって、プロペシアという商品名で発売されることになったのです。
では、なぜフィナステリドにはAGAの治療に効果があるのでしょうか。
その理由を説明するために、まずはAGAのメカニズムについて少し詳しく見てみましょう。
AGAの原因物質は男性ホルモンの1つであるDHT(ジヒドロテストステロン)です。
このDHTは男性ホルモンであるテストステロンと体内にある酵素5αリダクターゼが結合することによって生成され、毛乳頭と結合しやすい特徴があります。
毛乳頭は本来、髪の毛をつくり出すために必要な栄養分を毛母細胞に運ぶ働きをしていますが、DHTと結合するとその働きが弱まってしまい、髪の毛が十分に成長することなく抜け落ちてしまいます。
これがAGAのメカニズムです。
これに対してフィナステリドは5αリダクターゼをの働きを阻害する働きを持っています。
ですから、フィナステリドを服用すると5αリダクターゼの活性が弱まってテストステロンと結合しにくくなるため、その結果としてDHTが生成されにくくなるのです。
冒頭でプロペシアは経口薬として唯一AGA治療薬として公的機関から承認を受けていると書きましたが、ではどのくらいの効果が期待できるのでしょうか。
国内のデータでは1年間服用を続けた人のおよそ6割、2年間服用した人のおよそ7割、3年以上の服用でおよそ8割の患者に発毛効果が認められています。
この数字を見ても多くの人に効果があることが分かるでしょう。
では、プロペシアを入手するにはどうしたら良いのでしょうか。
日本では医療機関で医師の診察を受け、処方箋を出してもらう必要があります。
一般の薬局やドラッグストアでは購入できません。
なお、薬の購入に保険は適用されませんから、診察の際に健康保険証を持っていく必要がありません。
保険がきかないということで、できるだけ安価で薬を入手するために海外から輸入代行業者などを通じて購入をしている人もいます。
このような方法で購入をする時には、信頼できる業者を利用するように心がけましょう。