確実な育毛効果を期待するならばプロペシアがお勧めです

世の中には薄毛や抜け毛に効果があるという育毛剤やサプリメントが数多く販売されていますが、アメリカ食品医薬品局や日本の厚生労働省など公的な機関がAGA(男性型脱毛症)の改善に効果があると承認している経口薬はプロペシアだけです。
一般的にプロペシアと呼ばれるこの薬はアメリカのメルク社によって販売されているAGA治療薬の商品名であり、実際にはその中の有効成分であるフィナステリドが薄毛治療に効果があります。
このフィナステリドは元々前立腺肥大症の治療薬として開発が進められていたもので、プロスカーという商品名で販売もされていました。
しかし、前立腺肥大症の治療薬としてプロスカーを服用していた多くの患者に副作用として発毛効果が見られました。
そこで、あらためて臨床試験を行ったところ、男性型脱毛症の改善に効果があることが分かって、プロペシアという商品名で発売されることになったのです。
では、なぜフィナステリドにはAGAの治療に効果があるのでしょうか。
その理由を説明するために、まずはAGAのメカニズムについて少し詳しく見てみましょう。
AGAの原因物質は男性ホルモンの1つであるDHT(ジヒドロテストステロン)です。
このDHTは男性ホルモンであるテストステロンと体内にある酵素5αリダクターゼが結合することによって生成され、毛乳頭と結合しやすい特徴があります。
毛乳頭は本来、髪の毛をつくり出すために必要な栄養分を毛母細胞に運ぶ働きをしていますが、DHTと結合するとその働きが弱まってしまい、髪の毛が十分に成長することなく抜け落ちてしまいます。
これがAGAのメカニズムです。
これに対してフィナステリドは5αリダクターゼをの働きを阻害する働きを持っています。
ですから、フィナステリドを服用すると5αリダクターゼの活性が弱まってテストステロンと結合しにくくなるため、その結果としてDHTが生成されにくくなるのです。
冒頭でプロペシアは経口薬として唯一AGA治療薬として公的機関から承認を受けていると書きましたが、ではどのくらいの効果が期待できるのでしょうか。
国内のデータでは1年間服用を続けた人のおよそ6割、2年間服用した人のおよそ7割、3年以上の服用でおよそ8割の患者に発毛効果が認められています。
この数字を見ても多くの人に効果があることが分かるでしょう。
では、プロペシアを入手するにはどうしたら良いのでしょうか。
日本では医療機関で医師の診察を受け、処方箋を出してもらう必要があります。
一般の薬局やドラッグストアでは購入できません。
なお、薬の購入に保険は適用されませんから、診察の際に健康保険証を持っていく必要がありません。
保険がきかないということで、できるだけ安価で薬を入手するために海外から輸入代行業者などを通じて購入をしている人もいます。
このような方法で購入をする時には、信頼できる業者を利用するように心がけましょう。

Comments are closed.