AGA治療に役立つ薬

髪のトラブルにもぱさつきや枝毛など様々ありますが、男性の悩みで特に多いのが薄毛です。
女性もこうした悩みを抱えて入る人が増えている傾向にありますが、やはり女性は男性ホルモンの影響を男性のように受けることはありませんので、男性のように一部がすっかり禿げ上がってしまうという症状ではありません。
男性の場合は剃りこみが入ったようになる、いわゆるM字型ハゲと呼ばれる症状や後頭部や頭頂部が薄くなるなどはっきりとした症状があらわれるので、それゆえに悩まれている方は少なくないようです。
かつてはこうした男性型脱毛症は治療できるものではなく、少しずつ進行していくものとなっていました。
でも、今は男性型脱毛症にも良い治療方法が登場しており、多くの方が治療で悩みを改善される時代です。
その治療方法にも様々あり、頭皮に直接注射をして効果を出していく、HARG療法や育毛メソセラピーも注目されていますし、自分の髪の一部を薄くなった部分に植毛していく自毛植毛も話題となっています。
そして、特に取り入れやすい治療としては薬を使った治療があげられるのではないでしょうか。
こうした治療なら、薬を飲んだり、つけたりするだけですので、自宅で短時間の治療が行えますし、植毛のように体への負担もかからず、まとまった費用も必要ありません。
男性脱毛症の原因は、男性ホルモンによる影響が多いといわれていますが、プロペシアは男性ホルモンの働きを阻害するのに役立ってくれる薬です。
もともとは前立腺がんや前立腺肥大症の治療に利用されていた薬ですが、患者さんの薄毛が改善されることもあり、育毛治療にも利用されるようになっています。
そして、この薬は飲むタイプの薬となっており、AGA治療を行う医療機関で処方されているものです。
薬を利用するにはやはり副作用についても知っておきたいですが、プロペシアの場合は人により精力減退や胃の不快感などが出ることもあるようですが、大きな副作用はないとされています。
飲んでいて副作用が強く出ると感じる場合は服用をやめ、かかりつけの医師に相談してみると良いでしょう。
そして、これは男性専用の薬で女性の薄毛治療には利用できません。
特に妊娠中の女性は胎児に影響が出ることもあるとされていますので、服用はもちろん、手にも触れないようにしておきたいものです。
薬の購入方法としては、医療機関以外では、個人輸入という方法を選ぶ方も少なくありません。
より薬を安く購入するため、医療機関に行く時間を省くため、より低価格のジェネリック的な薬を購入するためなど、その目的は様々となっています。
代行業者を利用すれば自宅でいながらにしていつでも薬を注文できるのはメリットと言えますが、薬の利用はあくまで自己責任となることはしっかり理解しておきましょう。
そして安心して利用するためには業者選びはとても大事となります。
プロペシアは効果が出るのに時間がかかる薬ですので、すぐにやめずにある程度の期間は根気よく使っていくようにしたいものです。

Comments are closed.